注目アイテム

ピュアメイジング

更年期障害はいつまで続くの?

更年期障害は、閉経が始まる40代半ばぐらいから始まることが多いとされています。
私の周りの家族や私自身、友人などはそれぞれ時期は異なりましたが、40代前半から50才になる前あたりまでに起きる人がほとんどでした。

 

体質や生活環境などにも影響されるためか、始まる期間やその時期がいつまで続くかは、個人差があるようです。

 

一般的には閉経前後の5年間のおおよそ10年間と言われており、私の家族や友人の体験からも同様とわかりました。

 

私の実体験や、友人たちが語ってくれた体の状態には、ほてりや発汗、イライラ、不眠など身体的・精神的に色々な変化を感じたそうです。
私は特に、ホットフラッシュと呼ばれる瞬間的にのぼせる症状を感じました。

 

女性ホルモンの分泌量が落ち着くまで続くとされていますが、その後、母はそれまでの体の状態が嘘のように楽になったと言っていました。
女性なら誰しも通過する時期ですが、その辛さは人それぞれだと思うので、辛いときには無理をしない方がいいと感じています。

 

母の場合は、ストレスを溜め込まないように毎日色々な工夫をして、体の辛さと心の辛さを軽減して過ごしたことで上手な付き合い方をしてきたそうです。

 

更年期におすすめのアイテム