注目アイテム

30代からの美容サプリ・超濃縮の馬プラセンタ【TP200】



男性と女性それぞれの更年期障害の症状

女性の更年期障害の主な症状

女性はいつまでも若々しくいたいと願う人が多いですが、加齢と共にどうしても身体は老化してしまいます。
特に、生理が終わる閉経を迎えると、ホルモンバランスが大きく崩れ、身体にいろんな症状が現れることがあります。
45歳ぐらいから症状を実感し始めるもの一つに、更年期障害があります。
更年期障害とは、何もしていないのにイライラしたり、頭痛や吐き気があったり、肩こりやめまいに悩まされたりするような症状です。

 

この症状は、誰にでも起こるわけではなく、ほとんど症状が出ない人もいますが、女性には多く見られることがあります。
普段通りの生活を送れなくなるほど更年期障害の症状は辛いものもありますから改善を行っていくことが必要になります。

 

改善の方法は、症状によっても異なりますが、漢方などで症状を軽くしている人が非常に多く、以前よりも高い効果を実感できる漢方もありますのでこれらの漢方やサプリメントを使うことをおすすめします。
このページの下部では、男女問わず多くの人に愛用されている漢方とサプリメントをランキング形式でご紹介します。

 

更年期障害対策漢方&サプリランキングはこちらから!

 

男性の更年期障害の主な症状

更年期障害というと女性特有の症状とお思いの方が多いようですが、実は男性にもあるのです。
女性の場合は閉経という物理的な出来事があるので非常にわかりやすいのですが、目に見えての変化がないので、わかりにくいのが特徴です。
そこで男性の更年期障害について、その主な症状を簡単にご説明します。
まず、発症年齢は幅広く、40代以降、60代、70代となっています。原因は男性ホルモンのテストステロンの減少です。

 

それによってあらわれる症状は大きく分けて3つ。まず1つ目は性機能関連障害、2つ目が精神・心理、そして3つ目が身体です。
1つ目は性欲の低下や勃起障害、2つ目が抑うつ感、落胆、不安、疲労感、集中力の低下、3つ目が女性と同じく、発汗、火照り、睡眠障害、関節・筋肉関連などがあります。

 

厄介なのがある問題が別の問題を助長したり、根本の原因のテストステロンの低下を招くことがあることです。つまり、性機能が低下すると、それにともなって抑うつ感や落胆などがあらわれ、それによって正機能の低下がさらに進むということなのです。

 

特にEDに関して、もういい年なのだからと放っておくと、高血圧、高血糖、脂質異常症などにつながるおそれがあるのです。

 

更年期障害対策におすすめの漢方&サプリランキング

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの特徴

更年期時期の大きな悩みのひとつとして、シミとシワの問題がありますが、シミとシワに作用する日本で唯一の医薬品がこのロスミンローヤルです。

■肌のターンオーバーと共に約1ヶ月で効果実感
個人差はありますが、飲み続けて約一ヶ月程度で効果を実感できる医薬品です。

■一日の服用量
3錠ずつ1日2回の服用が服用量となります。
食後の30分以内に服用するのが適切な飲み方です。

■効果・効能

  • しみ
  • そばかす
  • にきび
  • はだあれ
  • 小じわ
などの肌の悩みに加え、

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 神経痛
などの更年期時期の悩みに作用してくれます。

価格 評価 備考
初回価格1900円 評価5 送料700円 定期購入の場合は、2回目以降毎月5800円(税抜き)
ロスミンローヤルの総評

定期購入の初回には特別に小じわに作用する「ロスミンリペアクリーム」が付属します。 一回だけの購入の場合でも、初回利用の場合は1900円(税抜)で購入できます。※送料700円が必要です。 定期購入する前に一度1箱だけ試したい方は1箱通常購入をご利用ください。

白井田七の特徴

「白井田七」は、古来から健康維持・心身の滋養に役立てられて来た田七人参を使用しています。
田七人参は、中国では「金不換(キンフカン)」お金にはかえる事が出来ないほど貴重なものとされる通り、様々な成分がたっぷり入っています。

循環を良くするサポニン、田七ケトン、デンシチン、フラボノイド、ギャバ、植物ステロール、有機ゲルマニウムや鉄分、カルシウム、亜鉛、ナトリウム、リン、銅などのミネラル、体を活性化させるアミノ酸は19種類、必須アミノ酸は9種類、ビタミン、カロチンも含まれています。
特に人参や根菜類に多く含まれ体の循環をよくするサポニンの成分については、高麗人参の約7倍含まれていると言われています。
その田七人参を完全無農薬で有機栽培にこだわって大切に育て、豊富な成分を含んだ田七人参の98%に有機玄米をつなぎにしてギュッと錠剤にしたサプリメントが「白井田七」です。

価格 評価 備考
9240円 評価5 初回価格 ※単品購入の場合は12,000円
白井田七の総評

35歳過ぎた頃から女性は、女性ホルモンの減少により様々な症状が現れます。
そんな女性特有の症状を改善するには、栄養バランスの良い食事をする事、定期的に体を動かし、精神的にリラックスし、ストレスを貯めない事、そしてリスクはありますが、婦人科に相談して定期的なホルモン療法をしてもらう事などがあります。
ただ、忙しい現代人にとってもっと手軽に続けられる方法として「白井田七」をおすすめします。

1日8粒を目安に飲むだけで翌日からこれまでと違う健やかさを実感出来ます。
愛用者も多く2013年楽天ウィークリーランキングでもハーブ・加工食品部門で1位を獲得し、満足度94%という結果です。
価格は、1瓶250mg×240粒(1〜2か月分9で通常価格12,000円です。
毎月お届けコースにすると2,760円OFFの9,240円(2回目以降は、10%OFF10,800円)で購入できます。
1日8粒で、女性にうれしい成分いっぱいの「白井田七」で女性特有の悩みが改善されるのをぜひ実感してみて下さい。

ローヤルゼリープレミアムリッチ

ローヤルゼリープレミアムリッチ サプリメントの特徴

「ロイヤルゼリープレミアムリッチ」は、古くから健康食品として馴染みのある「ロイヤルゼリー」と「イソフラボン」と「カルシウム」を高配合して出来たサプリメントです。 1粒に「ロイヤルゼリー」が1250mg、女性ホルモンを司る脳下垂体に作用するデセン酸5%以上含有しており、更年期障害などの女性特有の諸症状の改善にもしっかり効果をもたらします。配合している「ロイヤルゼリー」も国内のISO22000を取得した厳しい品質管理を行っている工場で手作業で丁寧に検査・出荷されています。

価格 評価 備考
1,674円 評価5 初回価格・送料無料
ローヤルゼリープレミアムリッチ サプリメントの総評

頑張っている世代へのエールとして、いつまでも健康で若々しく美しくいたいという女性達を応援したいという強い思いで出来たサプリメントが「ロイヤルゼリープレミアムリッチ」です。 価格は、定額3,348円(1袋62粒入り)を毎月お届けコースにすると半額の1,674円(2回目以降は、?%OFF3,013円)、送料無料で購入できます。自分へのごほうびセルフケアサプリメントとして「ロイヤルゼリープレミアムリッチ」で若々しくアクティブな自分を取り戻しましょう。

和漢のきもちの特徴

この「和漢のきもち」は、11種類の生薬から出来ているので緩やかに症状を緩和し、体に優しく安心して飲めます。
この更年期の症状や女性特有の様々な諸症状にも効果が出ています。

その11種類の生薬とは、鎮痛・鎮静・通経薬として古来から用いられていたサフラン、血流を改善し体を温めるボタンピ、体の冷えをとるケイヒ、情緒を安定させるカノコソウ、リラックス効果があり疲れをとるニンジン、婦人薬としても有名で気持ちを元気にさせるトウキ、リフレッシュ効果のあるジュウヤク、鎮咳・鎮痛効果のあるカンゾウ、痛みを緩和するボウフウ、のぼせを抑え女性ホルモンを調える効果のあるシャクヤク、体のリズムを調えるブクリョウです。
これらの生薬が、体に優しく働きかけ更年期障害を始め、女性特有の様々な症状を和らげます。

価格 評価 備考
980円 評価5 初月980円 単品購入4,980円
和漢のきもちの総評

女性の2人に1人が悩まされている冷え、生理前の頭痛、暑さからではない発汗、疲れやすさ、情緒不安定などの女性特有の心身の不調の原因は、血の滞りからくる冷えです。体の冷えやストレス、不規則な生活、偏った食生活などにより血がスムーズに流れず、古く悪い血が体に溜まっているのです。

また、その血の滞りが引き起こす症状として、女性には40代に入るころから、閉経前後の5年間、更年期障害と呼ばれる症状が出始めます。
症状にも個人差がありますが、深刻な症状の場合、仕事や家族に影響を与える場合もあり日々の生活でどう、うまく付き合っていくかが大切になってきます。


「和漢のきもち」は、漢方に比べてお値段もリーズナブルで飲みやすいサイズで出来ています。
毎日しっかり続けたいという方の為にも特別ご優待定期コースがあります。
1箱(32日分288粒)で初回980円送料無料で2回目以降は、定価4,980円より1,735円もお得な月々3,980円で購入できます。
デリケートな女性の体の心強い味方生薬で出来ている「和漢のちから」でつらい症状、更年期を乗り越えましょう。

 

更年期障害の中でも悩まされている人が多い代表的な症状とは?

更年期障害の最も代表的な症状としては自律神経失調症である血管運動神経障害があります。

 

また、自律神経系と内分泌系は視床下部に接続されて相互に影響を与えており、血管運動系の不安定に起因する最も一般的な自律神経症状としては顔面紅潮と寝汗があります。
特に、顔面紅潮は閉経後の女性の85%を示し、体腔内に強い熱感とともに頸部及び胸部の皮膚に発赤が現れることになります。

 

症状は数秒から数分間発生して夜やストレスを受ける時などにより頻繁に現れ、殆ど1年以上持続されたり、5年以上持続する場合も25〜50%ほどになります。
寝汗は主に夜に発生されるため、不眠や動悸、緊張、頭痛などを誘発しますが、時には順調な日常生活に支障を与えるほど酷い場合もあります。

 

また、顔面紅潮のほか、不眠、うつ病、尿失禁、皮膚萎縮、疲労感、冷や汗、動悸、関節痛、記憶力減退などが更年期障害の初期に現れることがあり、特に大きな問題とされているのは骨粗しょう症であります。
閉経期が進むにつれて骨密度が減少し、骨折しやすい骨粗しょう症がもたらされ、脳卒中や心臓病、高血圧などの心血管疾患の発生率が閉経前に比べ、大幅に高くなりますので注意が必要です。

 

更年期障害を解消するには?

疲れが抜けなくて、常に倦怠感を感じてしまうという場合には、ローヤルゼリーなどの疲労回復に効果のある医薬品や漢方、サプリメントを飲むようにしましょう。
また、コラーゲンやビタミン、ヒアルロン酸なども、抗酸化作用があり、身体の細胞の老化を予防してくれます。

 

それに、食事でも野菜や果物を中心に取り、出来るだけコレステロールを控えるようにしましょう。
軽い運動を行うことも気分転換になりますので、おすすめです。
水泳などは、引き締まった身体を作ってくれますし、癒しの効果もあるのでおすすめです。
食事や運動などと共に、充分な睡眠を取って、毎日を元気に過ごせるようになる努力を継続していきましょう!

 

更年期障害対策医薬品ランキングはこちらから!

 

更年期障害の主な症状

更年期障害は、ほてり、発熱、発汗、動悸、めまい、肩こり、腰痛、イライラなど、さまざまな症状をもたらします。
40〜50代の女性に多く、おもに閉経前後の期間に見られます。

 

これらの症状が、とくに原因も見当たらないのに続くという場合には更年期障害を疑う必要があります。
原因には、女性ホルモンの分泌量の減少があります。卵巣機能が低下し、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減少すると、脳から卵胞刺激ホルモンが多く分泌されるようになります。
これにより、この二つのホルモンの量のバランスが崩れて、さまざまな症状があらわれるようになります。

 

治療方法には、いくつかありますが、代表的なものはホルモン補充療法です。
不足したホルモンを補うものですが、副作用が出ることがあります。

 

漢方薬による治療もあり、これは、効果が出るまでに少し時間がかかりますが、副作用は少ないです。
更年期に効果的な食べ物もあります。

 

とくに大豆は効果的です。大豆に含まれるイソフラボンは、エストロゲンと似たような構造をしており、エストロゲンと同じようなはたらきをすると期待されています。
そのため、更年期障害の症状を改善させるには、大豆や、大豆製品をすすんで食べるようにすると効果的です。

 

更年期は何歳から始まるの?

更年期という言葉からすぐに連想するのは女性特有ということですが、実は男性にもあります。
ですが、割合でいいますとやはり女性のほうが圧倒的に多い割合になっています。

 

このような現状がありますので、更年期の時期といいますと女性特有の症状である月経がひとつの目安となります。
つまり「いつから」という疑問には「月経が終わるころ」という答えになりますが、その年齢は人それぞれです。
噂の範疇に過ぎませんが、初経が早かった人は閉経も早いなどといわれますが、これには科学的根拠はありません。

 

遺伝的な要因の場合もありますし、ストレスなど環境が与えることもあります。ただし、割合でいいますと、40代半ばという統計はあります。
このときに注意が必要なのは更年期とほかの病気を勘違いすることです。

 

更年期の症状としては「のぼせ」や「ほてり」「冷え」「動悸」などが知られていますが、このほかにも多くの症状があります。しかし、こうした症状はほかの病気でも起きる症状です。
例えば月経異常では子宮筋腫や甲状腺機能の異常が考えられますし、「ほてり」や「のぼせ」では高血圧や心臓疾患の可能性もあります。
このようなことから、体調に異変を感じたときは更年期の時期という考えに縛られず病院で検査をすることが大切です。


更年期におすすめの美容アイテム



更新履歴